無利息サービス以上の借り入れの金利について

専業主婦カードローン豆知識

無利息サービス以上の借り入れの金利について

ビル
貸金業法が改正され、総量規制が導入されてから主婦でもかりられるといったことが過去のものになったのはご存知のとおりですが、貸金業法の適用を受けない銀行などの金融機関の貸付は可能ですから、銀行のカードローンを利用すれば、主婦でもかりられるというわけです。
ただデメリットは、審査時間が長いことです。
これが消費者金融との違いです。即日融資を看板にできないのは、保証会社の了解を取らねばならないからです。

 

しかし、銀行のカードローンの中には主婦でもかりられるものがあり、また、最短即日融資も可能なケースもあります。
この他、契約から一定の期間(例えば、30日間)は無利息を謳っているところもあります。
ほとんどのローン会社が30日間無利息サービスですが、新生銀行の場合は新規契約の方であれば、なんと180日間無利息といったサービスを展開しているところもありますから、こういったサービスを上手に利用したいものですね。

 

しかし、主婦でもかりられる無利息期間サービスを展開しているカードローンは、無利息期間が過ぎれば、通常よりも高めの金利になっている場合が多いので、返済は、無利息期間中に行うことが求められます。
もし、無利息期間中に返済できないとわかっているなら、低金利の通常のカードローンにすることが賢明です。

 

銀行のカードローンは金利は、高い借入限度額を設定するほど金利は下がるという法則がありますから、限度額から希望の限度額を選び、銀行側の審査により、最終的に限度額が決定されます。
誰もが低金利を希望しますが、個人個人の状況によって、審査基準は変わってきます。
例えば、限度額50万円、利用残高10万円以下の場合なら、月々の返済は3,000円からですから、主婦でもかりられるわけです。
マイペースに返済していけますね。

 

自分は主婦なので、主人に隠れて借金は組めないとお嘆きの方がいらっしゃるかもしれませんが、調べれば、いろんな銀行のカードローンがありますから、あきらめないでチャレンジしてみてください。
きっと、頼りになるところが見つかるはずです。


主婦でもかりられるのはこちら

関連記事

  1. 主婦でも借りられる
  2. 利息の計算方法とは
  3. 複数のキャッシングを一本化する方法
  4. 過去に利用したキャッシングの情報はバレるのか
  5. キャッシング会社にとって債務整理は困るのか
  6. キャッシング審査に落ちた影響について