主婦でも借りられる

専業主婦カードローン豆知識

主婦でも借りられる

葉
通常キャッシングに於いては、総量規制によって様々な規制を受けています。
今キャッシングが困難な人が増えていますが、その理由の最も大きなものが、借り入れ金額の規制です。
総量規制によって、年収の1/3を超える金額を借り入れることが禁止されています。
住宅ローンや車のローンなど、ローンを組むことがやむを得ないケースに於いては規制の対象外になります。
しかし、キャッシングに於いては、複数の会社から借りていれば、総額で1/3を超えてしまうと、これ以上の借り入れはできない状態になります。

 

ですが、条件を満たせば、主婦でも借りられる方法があります。
通常であれば、主婦である場合は申し込みを断る消費者金融がほとんどです。
しかし、配偶者が働いていて収入があるならば、それを利用して申し込みをすることが可能です。

 

問題なのは、必要なものです。
主婦でも借りられるようにするためには、配偶者の収入を証明するものがまず必要です。
これは給与明細のコピーなどでも受け付け可能なのでそれ程問題なく用意できます。
難しいのはもう一つの必要なもので、夫の同意書が必要になります。
つまり、もし夫に内緒でキャッシングをするつもりであれば、この同意書を書いてもらう事は非常に困難です。
逆に夫の理解を得たうえでの申し込みであれば、これらを用意すれば主婦でも借りられるので、知っておいて損はありません。

 

もし実際に借り入れをするならば、夫の借り入れの履歴によっては断られるケースがあることも覚えておきましょう。
例えば、夫がすでに多重債務を抱えていて他での借り入れができない場合は、夫の同意があっても申し込みは断られてしまいます。
そうでなくても、もし過去に他のキャッシングやクレジット、分割払いの契約で、返済事故の履歴があるとやはり審査で断られる可能性は高いです。

 

これらの条件について問題がなければ、主婦であっても申し込みは可能です。
ですが、主婦の申し込み自体を断っている消費者金融もあるので、申込前に確認しておいた方がよいでしょう。


主婦でもかりられるのはこちら

関連記事

  1. 利息の計算方法とは
  2. 複数のキャッシングを一本化する方法
  3. 過去に利用したキャッシングの情報はバレるのか
  4. キャッシング会社にとって債務整理は困るのか
  5. キャッシング審査に落ちた影響について
  6. 無利息サービス以上の借り入れの金利について