利息の計算方法とは

専業主婦カードローン豆知識

利息の計算方法とは

電卓
主婦でも借りられる金融というのがあれば、家計が苦しくなったときなどに、気軽に利用することができます。
そんな主婦でもかりられる金融としては、キャッシングやカードローンというのがあります。
最近では、キャッシングやカードローン会社の店舗やATMのみならず、銀行ATMやコンビニエンスストアにあるATM、そしてインターネットバンキングというような借り方もあり、ますます主婦でも借りられる利便性が高くなりました。

 

しかし、利便性の裏で注意しなければならないこともあります。
それは利息の問題です。
カードローンやキャッシングで借りたお金というのは、借りたお金だけを返せばいいというものではありません。
借りたお金以外にも、利息というものを支払っていかないといけないのです。
そもそも利息というのは何なのでしょうか。
利息というのは、借りているお金の一定の割合の金額を意味します。

 

その利息の計算方法ですが、主婦でも借りられるキャッシングやカードローンの広告で、「実質年率5%から18%」という文言を見たことはありませんか。
この「実質年率5%から18%」というのが、利息を決定するものなのです。
年率というのは、そのお金を1年間借りているときの、そのお金に対する利息のかかるパーセンテージを意味します。
ですので、例えば1年間100万円を借りていたとします。
自分の対象となる実質年率が10%だとすると、1年間に支払わなければならない利息の金額は、100,000円ということになります。

 

とはいえ、これは1年間全く支払をしない場合です。
実際に支払をしなければ、キャッシングやカードローンの会社から催促の電話やハガキが来ます。
実際の利息というのは、返済をした上での残金に対して実質年率がかかってきます。
100万円借りて100,000円返済して、年率が10%だとすると、利息は90,000円となるのです。


主婦でもかりられるのはこちら

関連記事

  1. 主婦でも借りられる
  2. 複数のキャッシングを一本化する方法
  3. 過去に利用したキャッシングの情報はバレるのか
  4. キャッシング会社にとって債務整理は困るのか
  5. キャッシング審査に落ちた影響について
  6. 無利息サービス以上の借り入れの金利について