保証人と連帯保証人の違いとは

専業主婦カードローン豆知識

保証人と連帯保証人の違いとは

葉
カードローンやキャッシングというのは基本的に無担保ですが、それだけに利用者の支払い能力が重視されます。
主婦でも借りられるキャッシング等はありますが、消費者金融や信販系には総量規制という縛りがあり、利用者の年収に応じて融資を制限されるため、全く収入の無い人は借りることができません。
ただし、銀行のローンは総量規制の対象外となっていますので、保証人や連帯保証人をつけることにより、主婦でもかりられることがあります。

 

主婦でも借りられるようになる、保証人や連帯保証人とはどのような存在でしょうか。
これはいわゆる人的担保で、債務者本人が支払いをできないときなどに、代わりに支払いをしなければならない立場の人のことです。
約定どおりに返済をしているうちはいいのですが、主婦でも借りられるようになるからと気軽に依頼して支払いを遅延してしまうと、保証をしてくれている人に迷惑をかけてしまうことになります。

 

では、保証人と連帯保証人の違いとは何でしょうか。
どちらがより重い責任かというと、連帯保証人のほうになります。
保証人は、債務者が支払いを続けている限り、代わりに支払う義務はありません。
また、複数の保証人がいる場合には、支払い義務が生じたとしても、債務額を保証人の人数で割った金額に対する支払い義務が生じるだけになります。

 

対して、連帯保証人は債務者とほぼ扱いになります。
債務者がきちんと支払いを続けていても、債権者が連帯保証人に支払いを要求した場合、それを拒否することはできません。
また、複数の連帯保証人がいても、支払い義務が生じた金額を頭割りにせず、全額支払わなければなりません。

もちろん、債権者に支払うのは残債務のみになりますが、連帯債務者が3人いたとして、二人が一円も払わなければ、残りの一人が残った借金の全額を支払わなければならなくなるのです。
従って、借入れをする時に保証人を頼むことは、後々の人間関係の悪化にも繋がる可能性があります。


主婦でもかりられるのはこちら

関連記事

  1. キャッシングとカードローンの違いとは