キャッシング会社にとって債務整理は困るのか

専業主婦カードローン豆知識

キャッシング会社にとって債務整理は困るのか

頬杖をつく男性
キャッシング会社にとって債務整理は困るのか、これに対する答えは当然困ります。
主婦でもかりられるキャッシングもありますが、実際に対応している所はそれ程多くありません。

 

通常であれば主婦でもかりられるケースは少ないのです。
その為、主婦でもかりられる場合であっても、配偶者の収入や同意を確認してからの受け付けになるケースがほとんどです。
少なくとも収入を証明する書類と同意書は、総量規制によって義務付けられているので、総量規制対象外の銀行系でない、普通の消費者金融ではこれらの書類が必須になります。
銀行系であればごく稀にですが、同意書なしで主婦でもかりられる金融会社も存在します。

 

これらの手続き以前に主婦でもかりられるケースが少ないのは、単純にリスクが高いからです。
やはり返済不能になって債務整理に走られてはキャッシング会社は困るのです。

 

とはいえ、もし実際に債務整理をされたとして、キャッシング会社は何の対策も打ってないわけではありません。
キャッシングでの貸し付けにはリスクが伴うので、本来であれば保証人や担保を要求します。
しかしキャッシングでは実際に保証人や担保を用意する必要がありません。
債務整理をされた場合もそうですが、例えば貸し付けをした相手が逃げてしまったなどの理由で貸付金の回収ができなくなった場合、キャッシング会社は保険をかけています。
親会社の銀行などがその役割を担っています。
つまり、キャッシングにおいて保証人や担保を必要としないのは、その役割を銀行などが担っているからなのです。

 

なのでもし債務整理をされたとしても、キャッシング会社はまるまる損害を被るわけではありません。
とは言っても、最初に言った通り、それでも債務整理は困ります。

極端な話、債務整理をみんながやりだしたら、いくら銀行でも負担は大きくなりますし、キャッシング会社側でも保険に対する経費があがってしまいます。
また、審査の内容も厳しくせざるを得なくなるので、保険があったとしてもやはり困ることには変わりありません。


主婦でもかりられるのはこちら

関連記事

  1. 主婦でも借りられる
  2. 利息の計算方法とは
  3. 複数のキャッシングを一本化する方法
  4. 過去に利用したキャッシングの情報はバレるのか
  5. キャッシング審査に落ちた影響について
  6. 無利息サービス以上の借り入れの金利について